ポルシェ専門販売ショールーム、高額買取査定、T.N-CO.GARAGE 南麻布 厳選したこだわりのポルシェ911を中心に中古車買取・販売をしております。

Stock List 〈車両のご紹介〉

1995年式 993カレラ Tip LHD(左ハンドル)  ディーラー車

ボディカラー:ポーラシルバー インテリアカラー:グレー
車検(有効期間) 2018年5月25日
走行 25,000㎞
装備・オプション 準備中
コメント ここに登場する993カレラTipは、95年モデルの前期型でございます。

エンジンについては、可変吸気システム、通称“バリオラム”を持たないモデルでございます。

964カレラ2用のエンジンM64/01をそのまま流用し、この車両はM64/05型でTipですのでM64/06型となっております。

その964からの変更点は、ムービング・パーツの軽量化とクランクシャフトの強化、そして燃焼マネジメントの緻密化が主となります。

まず軽量化に関しては、コンロッド及びピストン、また各バルブのシャフト長さを1mm短くし、併せてスプリングキャップも軽量化。インテーク、エキゾーストのバルブやロッカーアーム周辺パーツを数gずつ軽量化されており、この地道な軽量化の積み重ねによって、993のエンジンの鋭い感触は生まれているのです。

また、定期的なタペット調整も油圧化により、メンテナンスフリーとなった点も嬉しい限りですね。

また、マグネシウム合金を多用することでエンジン本体の重量も軽くなっております。

 

後期型のバリオラム付エンジンは、あの993RSで最初に採用され、素晴らしいものではあります。

エンジンの回転数に応じてマニホールドが可変化され、まさしく低回転域から高回転域までパワーとトルクを増大させ、日常での扱いやすさと速さを両立させたものでした。

 

足廻りについては、以前ストックリストにあった993カレラTip後期型で説明させていただきましたが、マルチリンクの採用で964以前のようなリスキーなオーバーステアとは完全に決別した感があり(ちょっと寂しい気もしますが😢)

実際に私も過去に993スーパーカップでFSWを走っておりましたが、一度もスピンをした記憶がなく😊とても乗りやすく、コーナリングが速く感じられました😊

964RSはそれなりにリスキーでしたが…💦

 

それでいて、この993カレラTip前期型(後期型も含む)は、ちょっと愛らしいフォルムではございますが、当然の如く、実はすべてのパーツに意味があり、リアフェンダーの拡大はマルチリンクを収める為と、ヘッドライト廻りと嵩上げされたトラックフードはあの偉大な959をお手本として、新設計されたものです。これぞ、機能美ではないでしょうか。

 

そして空冷911の最終完成型として、有終の美を飾った993でございます。

他には見いだせない価値を持った心に残る1台となり、これからどんどん進化していく中で、この独特のフォルムを持った993が、永遠に語り継がれ魅了されることではないでしょうか…。

 

まぁ😊いつも通りではございますが、そんな993カレラTip前期型を愛車の1台としていかがでしょうか?

 

前期型  ツーオーナー車  低走行  禁煙車

価格 車両本体価格      ASK

諸経費等概算(整備費込) 別途かかります。

※ポルシェセンターにて整備後、納車いたします。

厳選された良質なポルシェを貴方へ

車両についてはお電話にてご相談ください。03-3456-1088

車両についてはお電話にてご相談ください。03-3456-1088

TOP